logo

World Camp NEWS - [釜山] ワールドキャンプ、「私たちはみなさんを幸せにしたいです」

7月8日火曜日、止もうとしない雨と共に釜山でのワールド文化キャンプは二日目の朝

を迎えた。


1.jpg 


2.jpg


午前の幕を開けたリオ ・モンターニャは、中国の歌とアフリカの歌で学生たちと一つに

なり、学生たちは歓声と共に手を繋いで楽しんでいた。

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

教育界で長い間青少年を指導してきたイナム校前キョンイル大総長は、自分の立場で

与えられた仕事を一生懸命することと肯定的な思考を持つこと、人間関係の重要性を

強調し、相手を先に思う心が成功への近道だと伝えた。続いて登山家のキムホンビ

ンさんの講演では、不意の事故で指を全て失くしたが、絶望を踏んで立ち、果てし

ない努力をする彼の姿を映像と写真を通して見せてくれた。また、考えの変化が未

来を変えるという教訓は学生たちの生ぬるい心に挑戦する動機を与えるのに十分だ

った。

7.jpg

午前にはIYFアーティストとグラシアス合唱団が共に準備したチェリストのドミトリイリ

ョミンの人生談をコントで見ることができた。厳しい父の下でチェロを学びながら楽し

い時間だけではなかったが、厳しい父がいたからこそ今の自分がいると回想した。ま

た、彼はグラシアス合唱団に会い、彼らの純粋さに導かれこれまでを共にする貴重な

パートナーになったと伝えた。

8.jpg

9.jpg

IYFアーティストたちの飾り気のない自分の話と、彼らの楽器や演奏する音楽に対す

る才覚のある説明はワールド文化キャンプで学生たちに一番人気のあるプログラムとして

存在している。

10.jpg

続くマインド講演の時間、癌で3回も死にかけたホ・インス講師は嬉しいことがあるとき

喜ぶのは当たり前なことだが、悲しいことがあるとき、心が辛いときに喜び楽しめる

人はこの世で最も幸せな人であると伝えた。

11.jpg

12.jpg

13.jpg

悪天候にも関わらず、学生たちは釜山の名勝地の中で上位に選ばれた 太宗臺、海洋都

市釜山にふさわしい国際的水産市場であるチャガルチ市場、海と雲が合わさったヘウンデ

ビーチに行って楽しい午後の時間を送った。

14.jpg

15.jpg

夕飯を終えた後、雷のような拍手と歓呼がべクスコの大会場から聞こえた。

シルクが作られる過程を表現したタイの伝統ダンスと、締め付けられてきたものが靴を

脱いで一つになって自由を味わうという中国の伝統的な踊りは動作だけでなく表情も

かわいらしく、生き生きとしていた。

16.jpg

アメリカで行われたハイチ英語キャンプのためにグッドニュースコ海外ボランティアのアメ

リカ団員たちが準備したミュージカル‘Remember’は、9.11テロの時、乗っ取られた

4機の内、ツインビルとアメリカ庁舎を襲った3機の後ろに隠されていた一機の飛行機

を守り抜いた乗客たちの心の変化を主題とし、ハイチ英語キャンプの中に包括され

ている、考えを越えて希望を持ったという内容で多くの人の心を涙で濡らした。

17.jpg

ついにIYFアーティストの舞台が披露された。ひとつの主題から派生された他のテーマで

演奏する変奏曲を披露したピアニストのイゴルレベヂェブは多様な変奏曲を演奏し、自

由なクラッシックの世界に学生たちを案内した。ひとりの学生が演奏する基本のメロデ

ィーを土台として多様なジャンルで即興変奏曲を披露した。

18.jpg

19.jpg

20.jpg

21.jpg

この日、グラシアス合唱団はワールド文化キャンプの開幕式を回想しながら、雨が降る

という天気予報にも関わらず賛美をした。グラシアス合唱団の首席であるソリストのチ

ェヘミ、パクジンヨン、ウテジクの素晴らしい公演で会場は盛り上がっていった。

22.jpg

IYFの設立者パクオクス顧問は自動車には前に進ませる‘エンジン’だけでなく、止ま

る‘ブレーキ’とバックする‘リバースギア’があるように、私たちの心にも前に走って

間違った道であることを発見したとき、止まって戻ることができる機能があるべきだと

話した。キャンプを通して自分の間違っている道を振り返り、罪に引きずられずに

周りの大きな愛が届くことを願うと伝えた。

前日とは違って全ての行事に向かう学生たちの表情が一段と明るくなったのを見るこ

とができた。どの年よりも早く心を開いて交流し、幸せそうにしている学生たちの笑

顔が曇っている空の日差しのように眩しかった。

23.jpg

これから行われるグラシアス合唱団のイースターカンタータ、マラソン、民泊など多様

なプログラムの中にあるその幸せを味わい、参加した全ての方が変わることを期待す

る。


  1. [東京]ワールドキャンプ開幕式

    9月14日から17日まで開かれる予定の第3回IYF JAPAN WORLD CAMPがついに幕を開けた。国立オリンピック記念青少年センターで開かれたこのキャンプはフィリピン、ミヤンマー、タイなど東南アジアから参加した学生と日本の学生が集い、国際交流を行う貴重な...
    Date2014.10.24 Views2178
    Read More
  2. [東京] 文化を学び、感じる中で互いの心が流れる。

    9月15日第3回日本IYFワールドキャンプが二日目の朝を迎えた。 毎日、朝食後に行われるアカデミーの時間は韓国語、英語、中国語、 日本文化体験、ダンス、ヨガ、テコンドーの計7つだった。 中国語アカデミーでは「ハンカチ落とし」ゲームをしたところ、あちこ...
    Date2014.10.24 Views1873
    Read More
  3. [福岡] ワークショップ(2014ワールドキャンプボランティア)

    九州地方では最も人口が多い福岡で大学生ボランティアを対象にワークショップが行われました。今回参加した学生はみな大学生であり、日頃からボランティア活動に関心を抱いていました。 午前の部ではIYFについて、そしてワールドキャンプが設立されたきっかけ...
    Date2014.09.06 Views2168
    Read More
  4. [東京] 第2回ワークショップ(2014ワールドキャンプボランティア)

    IYF国際青少年連合は8月30日土曜日に国立オリンピック記念青少年総合センターにて大学生ボランティアを対象とした第2回ワークショップを開催しました。前回に引き続き、今回で2回目となったワークショップには1回目よりも多くの大学生ボランティアが集い...
    Date2014.09.01 Views2175
    Read More
  5. [東京] 第1回ワークショップ(2014ワールドキャンプボランティア)

    IYF国際青少年連合は8月16日土曜日に国立オリンピック記念青少年総合センターにて大学生ボランティアを対象とした第1回ワークショップを開催しました。 ワールドキャンプは国際交流を通して、青少年の健全なより広い世界観や価値観の形成を目指しています。そ...
    Date2014.08.23 Views2520
    Read More
  6. [釜山] ワールドキャンプ、「私たちはみなさんを幸せにしたいです」

    7月8日火曜日、止もうとしない雨と共に釜山でのワールド文化キャンプは二日目の朝 を迎えた。   午前の幕を開けたリオ ・モンターニャは、中国の歌とアフリカの歌で学生たちと一つに なり、学生たちは歓声と共に手を繋いで楽しんでいた。 教育界で長い間青少年...
    Date2014.08.09 Views2105
    Read More
  7. [釜山] ワールドキャンプ初日、‘感動から変化に’

    真 夜 中 か ら の 雨 が 早 朝 に な っ て 止 み 、 ま だ 少 し 曇 っ て い た が 涼 し い 朝 が 始 ま っ た 。 開幕式の感動が参加者たちの心に深い余韻としてはっきりと残った。2014年ワールド 文 化 キ ャ ン プ が 本 格 的 に 始 ま る 二 日 目 の...
    Date2014.08.09 Views2379
    Read More
  8. [インド] カルカッタワールドキャンプ 総合ニュース及び閉幕式

    [インド]たくさんの実をならし幕を閉じた4日間の旅程 カルカッタワールドキャンププログラム総合ニュース及び閉幕式 今回のワールドキャンプは、多彩なプログラムや文化講演で内容豊かでした。午前にはライチャスダンスを習う時間や、リオモンターニャの公...
    Date2014.06.10 Views3258
    Read More
  9. [韓国] 2013 IYFワールドカルチャーキャンプ 開幕式

    IYF ワールドカルチャーキャンプ 開幕式 <アンカー> 多くの若者が待ち望んでいたフェスティバル「2013ワールドカルチャーキャンプ」が7月7日開幕しました。いっそう充実したプログラムで準備された今回のワールドカルチャーキャンプは、世界の青少年たち...
    Date2014.05.14 Views12770
    Read More
  10. [韓国] 2013 IYFワールドカルチャーキャンプ(マスコミ紹介)

    <アンカー> ワールドカルチャーキャンプに対するマスコミの関心も熱いです。マスコミはワールドカルチャーキャンプを紹介し、キャンプを通じて伝わる希望と連合のメッセージに耳を傾けました。彼らの目に映されたワールドカルチャーキャンプの知らせを見てみ...
    Date2014.04.14 Views10261
    Read More
  11. [インド]チカラ大学と共にするIYF World Camp準備のお知らせ

    「2013年にはインドの10個の都市でワールドキャンプが開かれることを期待します。」   World Campは毎年インドのデリー、プネ、ナガルランドで開催されてきた。今年は、もう一歩踏み出し、インド内の10個の都市でWorld Campが開かれることを願う気持ちでキャン...
    Date2014.04.01 Views2852
    Read More
  12. 2012 IYF World Camp in JAPAN4日目のニュース

    最終日の午前、著名人講演時間に女優の中西美帆さんを招き講演を聞いた。最近ドラマで注目されている中西美帆さんは俳優になるまでの過程を聞かせてくれ、学生たちに夢の大切さについて語った。両親の反対を押し切って無名時代を経て、成功するまでには多くの...
    Date2012.05.24 Views5921
    Read More
  13. 2012 IYF World Camp in JAPAN 3日目のニュース

    3日目の午前には、埼玉県議会議員の中川ひろし氏を招待し講演を聞いた。高齢化問題や社会構造、現代社会が抱えている多くの問題について直接学生に質問しながら、今この時代の社会問題を真剣に論議していくべき人は青少年たちであり、世評にとらわれない真の...
    Date2012.05.24 Views5244
    Read More
  14. IYF (国際青少年連合) 著書「私を引いて行くあなたは誰か」の出版調印式

    ワールドキャンプが行われたオリンピック記念青少年センターで、「私を引いて行くあなたは誰か」という本の出版調印式が行われた。今回の出版調印式は、韓国で1年前に出版され多くの読者たちに愛されてベストセラーとなったこのIYFパクオクス顧問の著書を、日...
    Date2012.05.24 Views7347
    Read More
  15. 2012 IYF World Camp in JAPAN 2日目のニュース

    2日目は、ミニカルチャーとアカデミーが行われた。参加者は、のり巻きを作り、伝統仮面の作成など、各国の文化を体験し、伝統衣装を着てみて、楽しい時間を持った。各国の文化を紹介する国別のブースでは、アフリカ、中南米のいろいろな物が目を惹いた。   著...
    Date2012.05.24 Views6463
    Read More
  16. 2012 IYF World Camp in JAPAN 開幕式のニュース

    ゴールデンウィーク中の5月1日、東京代々木国立オリンピック記念青少年センターにて、日本で2回目となるworld campが開幕した。ライチャス・スターズの明るい笑顔が参加者たちにも笑顔を与え、日本の伝統的な和太鼓チームの公演は、日本人も滅多に触れること...
    Date2012.05.24 Views6678
    Read More
  17. IYF (国際青少年連合) 中西美帆 10カ国の若者600人に講演

    (世界各国の若者を前に講演を行った中西美帆)     昨年、NHKドラマ「神様の女房」で本格的にデビューした女優・中西美帆が4日、都内で行われたIYF(国際青少年連合)の会合で、米国、フランス、韓国など約10カ国の若者600人を前に「夢の実現」をテ...
    Date2012.05.07 Views8147
    Read More
  18. 日本ワールドキャンプ - ボランティアレセプション

    日本ワールドキャンプの幕を閉じた後、午前9時30分 国立オリンピックセンターの国際交流館で日本ワールドキャンプボランティアの学生たちと一緒にレセプションがありました。 ボランティアの学生たちが集まった中で、チェミョンシン伝道師は、学生一人一人...
    Date2012.02.16 Views12350
    Read More
  19. 希望をくれた、日本ワールドキャンプ閉幕式の報告

    2011年第1回日本ワールドキャンプ閉幕式が、代々木国立オリンピック記念青少年センターで開かれました。9月12日から15日まで、4日間のワールドキャンプを神が喜ばれ、助けてくださったことを感じました。 明るい笑顔と歌声で私たちを幸せにしてく...
    Date2012.02.16 Views12329
    Read More
  20. 日本ワールドキャンプ - 限界を超える喜び、マラソン!

    限界を超える喜びを味わえるマラソンと 一緒にできて楽しいミニオリンピック まだ太陽も昇っていない夜明け4時、マラソンのために参加者たちは眠気と戦いながら起きました。 準備チームとボランティアの学生らは荒川の川辺に先に着いて私たちを迎えてくれま...
    Date2012.02.16 Views12454
    Read More
Board Pagination ‹ Prev 1 2 Next ›
/ 2