logo

ニュース - [日本]2017マインドカンファレンス

2017年 9月11日〜14日、IYFが主催 2017マインドカンファレンスは東京国立オリンピック記念青少年総合センターにて開催された。
マインドカンファレンスは東京都と渋谷区教育委員会、そして18カ国の大使館の後援を受けて準備された。
今回のイベントの開幕式には大学生 約100人、一般人 約300人、24カ国34人の大使およびVIP関係者らが参加し、行われた。


企画者及びマインドカンファレンスの関係者は、「親子間、夫婦間、友達関係の対話がどんどん失われ、自殺率、離婚率が急増する今の時代の問題を直視し、社会的によく知られた専門の方々を講師として招きしました。たくさんの方々がマインドの世界を知ることができると思います 」とコメント。
初日、午後5時、国際会議室には24カ国34人の大使及び関係者、VIPの方々が集まり、レセプションが行われた。参加した大使の国の多くは、IYFとすでに連携されており、これからも推進される予定だ。特に、ガーナ、ケニア、トーゴ、エチオピア、ベナン、フィジー、マラウイ、ウガンダ、 ザンビアなどの国家の大統領はすでに、IYFの設立者パク・オクス博士と対談されており、そのことを通し、心を開き、レセプションの席を共にした。

KakaoTalk_20171003_222155393.jpg

パク・オクス博士とコスタリカ大使



初日、午後6時40分、IYFマインドカンファレンス開幕式が始まった。
日本'Sho'チームの太鼓の公演から始まり、ボランティア学生による文化ダンスが行われた。日本のダンス、十人十色、アフリカのダンス「タマシャ」で公演の幕が開かれた。
さらに、日本のIYF国際青少年連合 理事長 松本健一が開会宣言をし、アフリカのジブチ大使と名古屋の工藤彰三衆議院議員から祝辞をいただいた。
公演ではピアニスト池辺幸恵さんがさくら変奏曲など美しい音色を披露してくれた。
音楽学校の学生たちが披露したオーケストラ演奏、バリトンソロの合唱の公演は、参加者には新鮮に感じられたようだ。
特にロシアの指揮者セルゲイの指揮で歌われた'世界に一つだけの花'は日本人が一番好きな曲の中の一つであり、若い高校生たちの清らかで透明な声が一つになっており観客に感動というプレゼントとなった。


KakaoTalk_20171003_222420571.jpg

shoチームの太鼓


KakaoTalk_20171003_222511235.jpg

日本の文化ダンス 十人十色


KakaoTalk_20171003_222619632.jpg

アフリカの文化ダンス  タマシャ


26103_80197_158.JPG

IYF国際青少年連合 理事長 松本健一


KakaoTalk_20171003_222659661.jpg

工藤彰三衆議院議員からの祝辞


KakaoTalk_20171003_222824043.jpg

ピアニスト 池辺幸恵氏


講義の時間、パク・オクス博士は砂漠で道を失った父親と息子の話をしながら、
「お互いの心にもそれぞれ道を作ることが必要です。お互いの気持ちが繋がっていないといけない。溜め込まず、心にある話をすれば、問題が解決されます」と、対話の重要性を話された。

今日の講演を聞きながら幸せな人からその心をまま流してもらえば、幸せになる。コンセントを差し込むと電気が必ず流れるのと原理が同じということが印象深かったです。私はもう幸せな人です。(加納さん/29歳)

心が流れなければ、難しいという話に共感ができました。一方通行のような心だが、そのような心を自らは分からないが、それを悟った瞬間が本当に感動します。(小山さん/27歳)

次にマンダラートの考案者、今泉浩晃氏が講義された。目的を達成するための技術で野球の大谷翔平選手が学生時代から使用していたことで有名なマンダラ発想法、それが心にどう繋がってくるのかについて講義された。今泉氏はマンダラートを開発したデザイナーとして多くの人々に注目されている。青少年たちにはマンダラートの発想が必要だと思い、マインド講演をすることに決めたと話した。
「できたと考えるなら、そこで終わりです、夢と目標はいつも持っていなければなりません。」マンダラの図は心の世界を形に作ったもので、マンダラートと自分の心の世界を対照すると、心の世界が見えると言われた。
KakaoTalk_20171003_225607239.jpg

今泉浩晃氏


その後もたくさんの公演が準備された。

さらに、国際青少年連合(IYF)設立者であり、メキシコアステカ大学名誉教育学博士、モンゴル国立大学哲学名誉博士でもある、パク・オクス博士のマインドの講演が継続された。
「人には2つの心があります。自分の考えと悪霊の考えです。2つはいつも喧嘩していますが、深く考えれば、それが自分の考えか、悪霊の考えか、区分することができます。人々は深く考えずにそのまま、湧き上がってくる考えをすぐに受け入れています」多くの人が悪霊の考えにまどわされるが、その誘惑に勝たなければならないと言われた。
「自分の夫と生後100日にも満たない娘を殺した母親がいました。自分の考えではなく、悪霊の思いに惑わされたからです。その母親のように私たちも悪霊の考えに惑わされるかも知れません。自分を完璧と考える人たちは自分の姿を正確に分からず悪霊にだまされているとは思いません」
自分が考えることが正しくなくても、自分を信頼する心が大きく育ち、他人の話を聞くこともできず、悪霊が与える考えによって人生が難しくなる場合が多いと言われ、参加者たちが悪霊から離れて、自由で幸せな人生を生きることを望む心が必要ということが伝えられた。

「私は今まで不幸だけを探している人であることを知りました。今回話を聞いて幸せを見つける人に心と思いを変えることが出来ました。多くの悪霊に騙された人の話を聞いて悪霊は知らない間に私に働いていると思いました。私も生活の中の些細なことで騙され、それに引きずられていることがあると感じました」(まきさん20歳)

「記憶に残る話は、2つの心が対立しており、1つは自分の考えでもう1つは悪霊の考えで、その2つはまったく違うという話を聞き、共感できました。よく判断して、悪霊の考えを無視する習慣を身に付けないといけないと思いました」(じゅんさん21歳)

26103_80215_23.JPG

パク・オクス博士


その他にもたくさんの講義があった。


KakaoTalk_20171003_223107293.jpg

株式会社 永山 張 永軾氏


高校生社長と呼ばれる小幡和輝氏
高校生社長としての経験などを話された。大勢の学生に希望を与えてくれた。「挑戦して、失敗してもまた、挑戦すればいい!」
KakaoTalk_20171003_223152882.jpg

小幡和輝氏


精神科医の松本俊彦氏

薬物中毒や自殺行為に悩む患者と向き合い、診療して研究している経緯を話された。薬物依存症の青少年や自殺する青少年たちが人生の苦しみを感じるため、自分を傷つけずには堪えられないと言いながら、その原因になる暮らしの苦しみを他の方向に移すことが必要だと話された。

KakaoTalk_20171003_223213957.jpg

松本俊彦氏



KakaoTalk_20171003_223247285.jpg

インドの文化ダンス



26103_80211_22.JPG

音楽学校の演奏/世界に一つだけの花



2日間にわたりミュージカル公演が準備された。

KakaoTalk_20171003_223435078.jpg


KakaoTalk_20171003_223518967.jpg


KakaoTalk_20171003_223534785.jpg


KakaoTalk_20171003_223547494.jpg


心に関する、身近にあるストーリーをもとに、多くの人々に共感と笑い、涙を与えた。