logo

ニュース - [日本]復興ボランティア活動 「IYF Tomorrow Festival」
5月28日に熊本で起きた地震と5年前の東日本大震災によって被害を受けた福島の
復興ボランティアをするために、2016年IYF Tomorrow Festivalが名古屋で開催された。

1.jpg

5年前、東日本に大きな地震と津波によって原発事故が起きた。それによって被害を受けた
多くの人が心に傷を負い、苦しみの中で何の希望もなく生活をしていた。そんな中、IYF 
名古屋支部ではIYF Tomorrow Festival を開催した。以来、政治家や事業家、歌手、ダンス
チームまたボランティア団体など、多くの関係者と繋がることができた。

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

IYF Tomorrow Festival in Nagoyaは今回のフェスティバルを合わせると5年目を迎える。
より多くの人にIYFが行っている活動を知らせることができた。今回のフェスティバルには
公演チームを含めた約170人の新しい方々が参加した。

7.jpg

IYFグッドニュースコの学生たちは募金活動や行事に必要な受付、VIP案内、車両案内、公演、
スタッフ等を担当した。準備をする中には負担なこともあったけれど、新しいことに挑戦し、
後援金や食べ物、飲料水などのたくさんの後援をしてもらいとても感謝である。

8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg

「今回のフェスティバルで、僕は後援の担当をしながら良い経験ができて嬉しかった。ある日は
支部長と一緒に出演を依頼するために訪ねて行きました。不思議にその方々は支部長の説明を
聞くや否やフェスティバルに出たいと話されました。その様子を見て、『僕も支部長のように
頑張って依頼したいな』という思いが浮かび上がりました。その思いを持ってタイのレストランに
訪ねてフェスティバルを知らせました。あるお店から90人分の食事の後援を
得ることができました」
                                           —タイから来た14期IYFグットニュースコボランティアのオト

12.jpg

13.jpg

14.jpg

フェスティバルが終わり、IYFのボランティアとフェスティバルに参加した方々は互いに交流し、
今後の活動について深く話し合うことができた。今回、IYF活動を通して多くの人に喜びと幸せが
伝わっていく様子を見ると、次の行事も期待でいっぱいだ。